【京都記念】2年前の覇者アフリカンゴールドは10着 国分恭介騎手「オーバーペースでしたね」

アフリカンゴールドは10着(カメラ・高橋 由二)
アフリカンゴールドは10着(カメラ・高橋 由二)

◆第117回京都記念・G2(2月11日、東京・芝2200メートル、良)

 4年ぶりに京都で行われるG2に12頭が出走し、3番人気のプラダリア(牡5歳、栗東・池添学厩舎、父ディープインパクト)が、重賞3勝目を飾った。勝ち時計は、2分12秒1。

 西村淳也騎手(シュヴァリエローズ=4着)「勝ちに行ったぶん、1~2角で力みましたが、すぐに収まりました。最後までよく頑張ってくれたと思います」

 ミルコ・デムーロ騎手(ラヴェル=5着)「ちょっと気難しいですね。向こう正面で1頭になるとリラックスしていました。直線もバテていないし、じりじり伸びてくれました。使って良くなりそうです」

 酒井学騎手(ブレイヴロッカー=6着)「初めての重賞でも差のない競馬をしてくれたと思います。1角で押し込まれて力みましたが、向こう正面ではだいぶ我慢できました。3角手前でポジションを上げていって、下り坂で前について行きました。直線も伸びようとしてくれましたし、これから備わってくれば」

 岩田康誠騎手(プラチナトレジャー=7着)「そんなに負けていないけどね。もう少し脚を使えても良かったと思うけど、ラスト1ハロンで止まってしまいました」

 横山典弘騎手(マテンロウレオ=9着)「よく頑張ってくれたと思います」

 国分恭介騎手(アフリカンゴールド=10着)「内に行く馬がいたので、制するためにも仕掛けていきましたが、オーバーペースでしたね。ただ体は柔らかく硬さもなく具合は良かったと思います」

 和田竜二騎手(ナイママ=11着)「流れに乗れなかったし、取りたいところも取れず動きたいときに動けなかった。後手、後手に回ってしまった」

 田口貫太騎手(ジェットモーション=12着)「4コーナーから手応えがなくなって、最後はいっぱいいっぱいになってしまった。もう少しためれば脚は使えそうな感じはしました」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。