今年早くも重賞2勝と完全復活した菱田裕二騎手 さらなる飛躍へ「チャンスでしっかりと結果を出したい」

菱田裕二騎手
菱田裕二騎手

 昨年9月30日の阪神1R。菱田裕二騎手=栗東・岡田稲男厩舎=は、パドックで騎乗した際に左肩を脱臼した。「整復の処置をして、何とか(外れた)肩を入れてもらって、テーピングもしっかりしましたけど、腕が上がらなくて…。(メインのシリウスSに)どうしても乗りたかったのですが」と最大限努力したものの、無念の戦線離脱となった。

 休養中には、初勝利時から騎乗していたアーテルアストレアが交流G2のレディスプレリュードを勝利した。手綱を執った武豊騎手はインタビューで「菱田騎手から細かく特徴を教えてもらっていたので、いいアドバイスをもらいました」と話していた。それを聞いた菱田騎手は「アドバイスだなんて…。アーテルの感触とかをお伝えしただけです」と謙遜したが、大きな力になったことは間違いない。

 続くJBCレディスクラシック、チャンピオンズCの2戦は現地に足を運び、応援した。「ずっと携わってきた馬ですし、いいレースをしてほしいと思って」。初勝利が逃げ切りだったアーテルを、控えて競馬ができるように教えた。思い入れが強いのもうなずける。記者もチャンピオンズC当日に本人と会って話したが「ここまで立派になってくれて」と返し馬に向かう姿に目を細めていたのを鮮明に覚えている。

 ケガが癒えた菱田騎手は昨年12月24日、実戦に復帰した。だからといって、お手馬が戻ってくる保証はどこにもない厳しい世界。だが、アーテルアストレアの陣営は主戦ジョッキーを待っていた。今月7日の交流G3・クイーン賞で、4戦ぶりに背中にまたがった。レースでは12回目の騎乗だった。「依頼をいただけてうれしかったですね。アーテル、オーナー、(橋口)先生に感謝です。そして担当の酒井さん(助手)も、いつもいい状態に仕上げてくださいます」。思いのこもったバトンを受け取り、逃げ粘るテリオスベルを直線で競り落とし、見事にコンビ復活を勝利で祝った。

 レース後、感無量の表情で勝利騎手インタビューに答えていたことを問うと「ケガで悔しい思いをしたことが頭をよぎりましたね。少し焦りもありましたが、諦めなくてよかった」と笑顔をみせた。

 2月17日に東京競馬場で行われたダイヤモンドS・G3でも、見事な手綱さばきでテーオーロイヤルを2年ぶりの勝利に導き、JRA重賞6勝目をマークした。「今年はG1や重賞のチャレンジが待っていると思うので、チャンスでしっかりと結果を出したいです」とさらなる活躍を誓った。

 ファンに向けては「僕は個人的にSNSはやっていませんが、競馬場で皆さんが応援してくれていると感じています。しっかりと技術を磨いて、応援してくれる人を勇気づけたり、元気にしたいです」と彼らしい、実直な性格が言葉にもにじみ出ていた。これからも真っすぐに、誠実に競馬に取り組む姿を応援していきたいと思う。(中央競馬担当・山下 優)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。