【阪急杯】3年連続参戦のグレイイングリーンが坂路で軽快 池江調教師「はじけるような動きだった」

坂路で追い切るグレイイングリーン
坂路で追い切るグレイイングリーン

◆第68回阪急杯・G3(2月25日、阪神競馬場・芝1400メートル)=2月21日、栗東トレセン

 グレイイングリーン(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎、父ディープインパクト)が坂路で活気ある動きで好調をアピールした。序盤はゆったりと入り、上がり重点で55秒8―12秒1。「しまいは、はじけるような動きだった。いい状態だと思います」と池江調教師も納得の表情を浮かべた。

 22年5着、23年4着に続き3年連続の参戦。前走の阪神C4着と重賞でも上位争いに加わっている。「ゲートは速くないけど、しまいは確実に脚を使う。じっくり運んで」とトレーナー。先行有利が予想される開幕週の阪神の馬場もポイントになりそうだ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。