【園田競馬】日本最高齢の誘導馬アイスバーグが31歳で死す

アイスバーグ
アイスバーグ

 園田競馬場で日本最高齢の誘導馬として活躍していたアイスバーグ(セン31歳)が2月21日、老衰のため死んだことを兵庫県競馬組合が同日、発表した。

 アイスバーグは1993年ニュージーランド生まれの中間種。輸入後はJRA競馬学校で練習馬、京都競馬場で誘導馬として過ごしたのち、2013年6月に園田競馬場へ移籍した。2023年10月20日にマコーリー(生存中は園田競馬場に所属)が持つ30歳での馬場誘導の最高齢記録を更新。その後も園田競馬場で運動や散歩をして過ごしていた。

 同馬をしのび、2月27日から3月28日までの間、園田競馬場での場外発売日、競馬開催日限定で場内1階映像ホール横スタジオ前に献花台を設置する。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。