【阪急杯】「雨が残る方がいい」昨年のファルコンS覇者タマモブラックタイの角田調教師は道悪歓迎

タマモブラックタイ
タマモブラックタイ

 ◆阪急杯・G3(2月25日、阪神・芝1400メートル)=24日、栗東トレセン

 昨年のファルコンS覇者タマモブラックタイ(牡4歳、栗東・角田晃一厩舎、父デクラレーションオブウォー)は、坂路で安定した脚取りを見せた。角田調教師は「順調。追い切りもよく動いたしね」と胸を張った。

 重賞初制覇だったファルコンSは重馬場。今回も道悪が予想され、「馬場が味方してくれるしね。週中の雨が残る方がいい」と歓迎する。阪神は未経験だが「どこでも行っている馬だから、気にしない」と不安なし。重賞ホースの意地を見せる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。