【中山9R・水仙賞】紅一点クリスマスパレードが競り合い制し2連勝 石川裕紀人騎手「かなり良くなっていた」

水仙賞を制したクリスマスパレード(左)(カメラ・荒牧 徹)
水仙賞を制したクリスマスパレード(左)(カメラ・荒牧 徹)

 2月24日の中山9R・水仙賞(3歳1勝クラス、芝2200メートル=7頭立て)は、メンバー唯一の牝馬だったクリスマスパレード(美浦・加藤士津八厩舎、父キタサンブラック)が、ゴール前で競り合いを制しデビュー2連勝を飾った。勝ちタイムは2分14秒3(稍重)。

 ゲートを決めると道中は2番手から。遅めの流れを折り合って運ぶと、4コーナー手前から早めに進出を開始。逃げ馬を早々にパスすると最後の直線でも力強く末脚を伸ばし、かわしにかかったマイネルフランツ(津村明秀騎手)が迫るともうひと伸び。最後は1馬身差をつけてトップでゴールを駆け抜けた。

 石川裕紀人騎手は「新馬の時はまだフワフワしていたけど、きょうまたがってからは競馬が分かっているようで、いい意味で緊張感がありました。ゲートを出られてポジションを取りに行きましたし、馬の具合がかなり良くなっていたので強気に動いていきました。2着馬に迫られたけどかわされる感じはなかったですね。クラスが上がった方が競馬しやすいと思いますし、重賞でどんな競馬ができるか楽しみ」と振り返った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。