【阪急杯】逃げたアサカラキングはゴール寸前で差され2着 斎藤新騎手「しっかり自分の競馬をしてくれました」

2着のアサカラキング(カメラ・岩田 大補)
2着のアサカラキング(カメラ・岩田 大補)

◆第68回阪急杯・G3(2月25日、阪神競馬場・芝1400メートル=重)

 1着馬に高松宮記念(3月24日、中京競馬場)の優先出走権が与えられる芝7ハロン重賞はフルゲート18頭によって争われ、松山弘平騎手が騎乗した1番人気のウインマーベル(牡5歳、美浦・深山雅史厩舎、父アイルハヴアナザー)がゴール前の激戦を制して勝利。2023年阪神Cに続く重賞連勝で、3度目のタイトル獲得を果たした。勝ちタイムは1分21秒2。

 2着に3番人気のアラカラキング(斎藤新騎手)、3着に9番人気のサンライズロナウド(古川吉洋騎手)が続いた。

 斎藤新騎手(アサカラキング=2着)「重賞でここ3戦と比べるとかなりメンバーが強くなっていましけど、しっかり自分の競馬をしてくれました。目標になる形になってしまいましたが、その中でこれだけ走ってくれています。よく頑張ってくれたと思います」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。