武豊が勝利で飾った!引退・中野栄治調教師、最後は「ナカノコール」で送られる

中山2Rを中野調教師(右)の管理馬で勝利した武豊
中山2Rを中野調教師(右)の管理馬で勝利した武豊

 最後まで多くの人々に愛された。50年余りのホースマン生活に終止符を打った中野調教師は、「18歳に(騎手)デビューして、競馬人生ってあっという間でしたね」と、穏やかな笑顔で振り返った。中山7R終了後に行われた花束贈呈式では、集まった関係者から期せずして「ナカノ・コール」が起こり、騎手時代の90年に日本ダービーをアイネスフウジンで逃げ切った記憶がよみがえった。

 調教師としてのラストデーは、最初の中山2Rをイーサンハンターで制して、手綱を執った武豊がゴール後に左手でガッツポーズをつくった。「調教師席に向かってやりました。(定年解散の)中野厩舎に乗るということでプレッシャーはありました」とレジェンドが言えば、中野師は「僕とユタカとは、いい縁があったんだ」としみじみ。中山4Rもガビーズシスターで勝つなど2勝を挙げて、調教師としてのJRA通算勝利数を292(重賞8勝)まで伸ばした。

 今後は後進の指導など、人を育てることに携わりたいという。「未練は何もないね」と、明るく笑った。(坂本 達洋)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。