【金鯱賞】前走で久々の重賞連対ハヤヤッコ 国枝調教師「期待通りに走ってくれた。斤量減はいい」

ハヤヤッコ
ハヤヤッコ

◆第60回金鯱賞・G2(3月10日、中京競馬場・芝2000メートル)

 復調気配を示す白毛馬ハヤヤッコ(牡8歳、美浦・国枝栄厩舎、父キングカメハメハ)が22年の函館記念以来の重賞3勝目に挑む。前走の中日新聞杯は馬群の後方からじっくりと運び、最後の直線は大外へ。そこからグングンと末脚を伸ばすと、ゴール前では勝ったヤマニンサルバムに3/4馬身差まで迫り、今回と同舞台で久々にらしさを見せた。国枝調教師は「前走はあわやという場面。期待通りに走ってくれたし、よく頑張っている」とベテランの好走をたたえた。

 昨年のこのレースでは4着。上がり3ハロンはメンバー2位となる34秒3を繰り出し見せ場を作った。トレーナーは「左回りのこの条件もいいので早くからここを目標に調整した。斤量が重かった前回の58・5キロから今回は定量戦になるので斤量減はいい」と力を込めた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。