2010年オークス馬サンテミリオンが死ぬ 3冠牝馬アパパネと同着V

1着同着のサンテミリオン(右から2頭目)とアパパネ(左端)
1着同着のサンテミリオン(右から2頭目)とアパパネ(左端)

 JRAは3月5日、2010年のオークスを勝ったサンテミリオン(牝17歳、父ゼンノロブロイ)が、4日に病気のため死亡したことを発表した。現役引退後は繁殖牝馬として北海道千歳市・社台ファームで供用されていた。通算成績は18戦4勝(うち重賞2勝)。のちの3冠牝馬アパパネとG1史上初の同着Vとして話題となった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。