【サウジカップ】日本勢は初Vならず 11・5億円ゲットの優勝は地元のエンブレムロード マルシュロレーヌは6着

サウジカップで6着に敗れたマルシュロレーヌ(カメラ・高橋 由二)
サウジカップで6着に敗れたマルシュロレーヌ(カメラ・高橋 由二)
サウジカップで、エンブレムロード(左から2頭目)がゴール前でカントリーグラマー(右から3頭目)を競り落とした。 マルシュロレーヌ(右端)は6着、テーオーケインズ(右から2頭目)は8着に敗れる(カメラ・高橋 由二)
サウジカップで、エンブレムロード(左から2頭目)がゴール前でカントリーグラマー(右から3頭目)を競り落とした。 マルシュロレーヌ(右端)は6着、テーオーケインズ(右から2頭目)は8着に敗れる(カメラ・高橋 由二)

◆サウジC・G1(2月26日、サウジアラビア・キングアブドゥルアジーズ競馬場、ダート1800メートル=14頭立て)

 日本勢2頭が出走したが、テーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター、松山弘平騎手)は8着、マルシュロレーヌ(牝6歳、栗東・矢作芳人厩舎、父オルフェーヴル、クリストフ・スミヨン騎手)は6着で、日本勢の初Vには手が届かなかった。勝ったのはW・ラモス騎手が騎乗した地元サウジアラビアのエンブレムロード(牡4歳、Mアルムロワ厩舎、父クオリティロード)。勝ちタイムは1分50秒52。

 テーオーケインズは昨年の帝王賞とチャンピオンズCをどちらも圧勝し、最優秀ダートホースに選ばれた日本のチャンピオンホース。長距離輸送を無事にクリアしたはずだったが、中団追走から直線でも伸び悩んだ。予備登録を済ませていたドバイ・ワールドC・G1(3月26日、メイダン競馬場・ダート2000メートル)の招待はすでに辞退しており、今後は帰国することになりそうだ。

 マルシュロレーヌはG1未勝利馬の身で海を渡った昨秋のブリーダーズCディスタフで勝利をつかみ、日本競馬史上に残る大快挙を演じた。今回はそれ以来の実戦となるラストラン。序盤は中団の外めを追走し、直線は進路を内に取ったが、米国で見せたパフォーマンスを披露することができず。勝利をつかむことはできなかったが、今後は子供に思いを託すことになる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。