【JBCレディスクラシック】断然人気ショウナンナデシコは3着 吉田隼人騎手「勝ち切れず残念」

JBCレディスクラシックを制したヴァーレデラルナ(右)(カメラ・小泉 洋樹)
JBCレディスクラシックを制したヴァーレデラルナ(右)(カメラ・小泉 洋樹)

 ◆第12回JBCレディスクラシック・交流G1(11月3日、盛岡・ダート1800メートル、良)

 ダート競馬の祭典「JBC2022」の牝馬限定戦は11頭立て(ゴールデンヒーラーは出走取消)で争われ、3番人気のヴァレーデラルナ(3歳、栗東・藤原英昭厩舎、父ドゥラメンテ)が岩田望来騎手を背に好位から抜け出し、重賞初挑戦でG1制覇を果たした。岩田望騎手にとってもG1初勝利となった。勝ち時計は、1分50秒1。

 首差の2着に2番人気のグランブリッジ(福永祐一騎手)が続き、1勝クラスから3連勝中だったJRA所属の3歳牝馬ワンツーとなった。1番人気のショウナンナデシコ(吉田隼人騎手)は3着に敗れた。

 吉田隼騎手(ショウナンナデシコ=3着)「行きたい馬がいたし、砂を被っても平気なのであの位置へ。ここは目標だったので、勝ち切れず残念。今は壁に当たっているが、突破すればもうひとつ上に行ける力はある」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。