【JBCクラシック】ペイシャエス2、3番手から3着 菅原明良騎手「積極的な競馬をしようと思った」

3着のペイシャエス (カメラ・小泉 洋樹)
3着のペイシャエス (カメラ・小泉 洋樹)

◆第22回JBCクラシック・交流G1(11月3日、盛岡競馬場・ダート2000メートル、良)

 ダート競馬の祭典「JBC2022」のラストを飾るクラシックは15頭立てで争われ、1番人気のテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎、父シニスターミニスター)が松山弘平騎手を背に好位から抜け出して勝った。勝ち時計は、2分2秒1。昨年のJRA最優秀ダートホースは前走の交流G1帝王賞(6月、大井)で4着だったが、秋の大一番できっちりと巻き返した。

 2馬身半差の2着は2番人気のクラウンプライド(福永祐一騎手)、そこから1馬身4分の1差の3着には4番人気のペイシャエス(菅原明良騎手)が続いた。

 菅原明良騎手(ペイシャエス=3着)「返し馬の動きが素軽かったので、積極的な競馬をしようと思った。終始手応えは良かった」

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。