【香港カップ血統分析】サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が3年連続で連対中

ダノンザキッド(カメラ・高橋 由二)
ダノンザキッド(カメラ・高橋 由二)

 小欄ではG1香港カップについて血統面から検討したい。過去5年を調べると2019年1着、2020年2着ウインブライト(父ステイゴールド)、昨年1着ラヴズオンリーユー(父ディープインパクト)、同2着ヒシイグアス(父ハーツクライ)と、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が3年連続で連対中。今年の該当馬で買い材料も多いのがダノンザキッドだ。

 ダノンザキッドは、父がジャスタウェイ。父系祖父ハーツクライの産駒と言えば前記ヒシイグアスのほかに、ヌーヴォレコルトも2015年の当レースで2着に好走している。ハーツクライ、ジャスタウェイともにドバイでG1制覇を果たしており、父系3代による海外G1勝利の可能性も十分だ。

ジャスタウェイ
鹿毛 2009
サンデーサイレンス 系

ハーツクライ
鹿毛 2001
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス

シビル
鹿毛 1999

Wild Again
シャロン
エピックラヴ
鹿毛 2008
ダンチヒ系
Dansili
黒鹿毛 1996
デインヒル
Hasili
Leopard Hunt
栗毛 2001
Diesis
Alcando

ダノンザキッド血統表

 母の父ダンシリも良い。母の父として2019年2着マジックワンド、父としても2012年2着ジオフラと好走馬がいる。ダンシリの後継ハービンジャーからは2020年1着ノームコア、2018年2着ディアドラが出ており、G1香港カップで積極的に狙うべき血脈と言えるだろう。

 パンサラッサは、父がロードカナロア。兄弟制覇を果たした2017年タイムワープと2018年グロリアスフォーエバーは、父がキングマンボ系アーキペンコ、母の父がストームキャット系ストーミーアトランティックだった。ロードカナロアは父の父キングマンボ×母の父ストームキャットだから、かの兄弟に似た血統構成だ。パンサラッサの母の父モンジューも当レース向き。2016年2着シークレットウエポンの母の父、2017年2着ワーザーの父の父にあたる。

ロードカナロア
鹿毛 2008
キングカメガメハ系

キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo
マンファス
レディブラッサム
鹿毛 1996
Storm Cat
サラトガデュー
ミスペンバリー
鹿毛 2002
サドラーズウェルズ系
Montjeu
鹿毛 1996
Sadler's Wells
Floripedes
Stitching
鹿毛 1992
ハイエステイト
Itching

パンサラッサ血統表

 ジャックドールは、父がモーリス。2015年のG1香港マイル、2016年のG1チャンピオンズマイル、そして同年のG1香港カップと、シャティンにおける父の強さは圧倒的だった。産駒からはピクシーナイト、ジェラルディーナのほかに、G1ATCダービーのヒトツ、G1ドゥームベン10,000のマズと豪州でもG1ウイナーが出ており、ジャックドールによる当レースの父子制覇も期待したいところだ。

モーリス
鹿毛 2011
ロベルト系

スクリーンヒーロー
栗毛 2004
グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス
鹿毛 2001
カーネギー
メジロモントレー
ラヴァリーノ
栗毛 2004
ミスタープロスペクター系

Unbridled's Song
芦毛 1993

Unbridled
Trolley Song

Sous Entendu
栗毛 1987

Shadeed
It's in the Air

ジャックドール血統表

 ◆成田幸穂(なりた・さちほ) 1984年8月8日、東京生まれ。(株)サラブレッド血統センター所属。週刊競馬ブック連載「海外競馬ニュース」の編集を担当。同誌のほか、研究ニュースで予想コラム「血統アカデミー」を執筆中。12月11日(日)ラジオNIKKEI第1「香港国際競走実況中継」に出演予定。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。