【ドバイ・ワールドC】G1馬ジュンライトボルトは最下位 友道師「砂が喉に入って息がしづらかったよう」

川田将雅騎乗のウシュバテソーロ(左)がドバイワールドカップを制す(カメラ・高橋 由二)
川田将雅騎乗のウシュバテソーロ(左)がドバイワールドカップを制す(カメラ・高橋 由二)

◆ドバイ・ワールドカップ・G1(3月25日、メイダン競馬場・ダート2000メートル=15頭立て)

 【ドバイ(UAE)25日=松末守司】ウシュバテソーロ(牡6歳、美浦・高木登厩舎、父オルフェーヴル)が大仕事をやってのけた。世界最高峰の舞台で自慢の末脚を伸ばし、見事に海外G1を制覇。初コンビだった川田将雅騎手=栗東=と共に世界の頂点に立った。日本馬の勝利は2011年のヴィクトワールピサ以来となる12年ぶり。昨年4月のダート転向から才能が開花。東京大賞典、川崎記念の交流G1・2勝を含む5連勝で、一気に世界の頂点まで駆け上がった。勝ち時計は2分3秒26。

******

 日本陣営の談話

★テーオーケインズ(4着)

 高柳大輔調教師「良いスタートを切ってくれて、そこはまず安心したのですが、他の馬も砂をかぶりたくなくて前に行きたいという状況で少し置いていかれました。揉まれ弱い部分はあるのですが、最後は頭数もばらけて、良い脚を使ってくれたのですが、良い結果にはならなかったです」

 オイシン・マーフィー騎手「良いスタートを切れたので、逃げ馬の直後につけられました。ペースは速かったですが、最後まで一生懸命に走ってくれたと思います」

★クラウンプライド(5着)

 新谷功一調教師「ジョッキーの話では、スタートは普通でしたが、外枠の分、1コーナーに入った時に後ろの位置になってしまったとのことでした。また、道中、馬の後ろでキックバックがあって下がった訳ではなく、その位置でリラックスして走っていた結果で、そのリラックスを生んでくれたことで、最後の直線の脚に繋がったということでした。ある意味、これはクラウンプライドの新しい形が生まれた一戦ではありました。本来からすると、位置取りは後ろ過ぎましたが、もう一列か二列前だったら、チャンスは生まれていたと思います」

 ダミアン・レーン騎手「良い走りでした。頑張ってくれたと思います」

★パンサラッサ(10着)

 矢作芳人調教師「考えられたことではあるけれども、厳しい流れとなりました。それも競馬ですから仕方がない。逃げ馬の宿命でもあります。それでも、吉田豊騎手は行こうとしてくれていたけど、向正面で相手が引かなかったので、完全にパンサラッサを潰しにきているなと思いましたが、サウジカップを勝っているから仕方がないことです。力をつけてまた頑張ります」

 吉田豊騎手「厳しい競馬でした。向正面からハナに立てれば良かったのですが、内の馬も引かなかったですね。パンサラッサには厳しい競馬になってしまいました。全然息も入らなかったです。サウジカップも勝っていますし、スムーズな競馬はさせてもらえませんでした。逃げ馬は難しいですね」

★ジオグリフ(11着)

 木村哲也調教師「応援していただいた皆様に申し訳ない気持ちです。ゲートで待つ時間が長かったですし、かなりキックバックが強く、馬場が合わないのかなという走りでした。集中力が切れた状態になってしまったと思います。日本に戻って体勢を立て直し、元気な姿で日本のファンの皆様の前に立てるよう明日からリスタートします」

★カフェファラオ(12着)

 ジョアン・モレイラ騎手「今日は力を発揮できませんでした」

★ヴェラアズール(13着)

 渡辺薫彦調教師「少しダートは難しいかもしれないとジョッキーは言っていました。普段とはペースも違い、追走に苦労していたので、もう少しゆったり運べた方が良いかもしれません」

 クリスチャン・デムーロ騎手「スタートが速くなかったので中段からになりました。直線まで無理なくいけましたが、その後の脚が目立ちませんでした。ダートが合わないのかもしれません」

★ジュンライトボルト(15着)

 友道康夫調教師「ポジション的に馬込みに入ってしまい、キックバックがかかって、砂が喉に入ったようで、息がしづらかったようです。やっぱり良いポジションを取りたかったですね」

 ライアン・ムーア騎手「前に進んでいかず、レースに参加できませんでした」

→→ウシュバテソーロ陣営、歓喜の瞬間→→


最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。