小宮の南関突破【ジャパンダートダービー】二千ならオーロイプラータが浮上

オーロイプラータ
オーロイプラータ

◆第25回ジャパンダートダービー・交流G1(7月12日、大井・ダート2000メートル)

 【11R】20年ジャパンダートダービー馬ダノンファラオは、初勝利が1600メートル。2勝目も1800メートルだったが、頭角を現したのは更に距離を延ばしてから。兵庫チャンピオンシップ(園田1870メートル)で2着に頑張り、2000メートル戦でJpn1馬に輝いた。

 似た雰囲気を醸し出しているのがオーロイプラータ。ダート1800メートル戦で〈6〉《1》〈5〉〈7〉《1》〈5〉〈5〉着。勝ったり負けたりを繰り返していたが、2000メートルの前走、鷹取特別(阪神)が圧巻のパフォーマンス。2角を最後方で回り、3角が後方2番手。4角でようやく13番手に上がったが、先頭は遙か先。絶望的な位置に映ったが、終わってみれば2着馬に7馬身差の圧勝劇。

 それもそのはず。ラスト3ハロンは、レースを2秒4も上回る最速37秒4。1ハロンの距離延長で、これほど変わった馬も珍しい。単勝(4)。馬複で、(4)―(5)(6)(7)(8)。

 南関東クラシックとして最後のジャパンダートダービー(JDD)。来年からは名称もジャパンダートクラシックとなり、10月上旬の開催となります。「最後のJDDだからね」と参戦を決めた調教師もいました。ミックファイアが01年トーシンブリザード以来となる無敗の南関東3冠を狙います。渡辺和雄調教師は埼玉県本庄市にある「日本神社」にお参りに行き御朱印をもらってきました。羽田盃の時は羽田神社、東京ダービーは東京大神宮にお参りし2冠を達成しています。あとは、レース前日に「まけしらず」と「三冠」の酒を飲み臨むそうです。偉業を達成するために運も必要です。

【小宮記者の印】

◎(4)オーロイプラータ

〇(5)ユティタム

▲(7)ミトノオー

△(6)ミックファイア

△(8)ゴライコウ

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。