【中京記念・玉木の特注馬】好走パターンが見えたメイショウシンタケ 千田調教師「追い切り2本が良さそう」

中京記念で重賞初挑戦となるメイショウシンタケ
中京記念で重賞初挑戦となるメイショウシンタケ

◆第71回中京記念・G3(7月23日、中京競馬場・芝1600メートル)

 サマーマイルシリーズ第1戦の米子Sを制したのはメイショウシンタケ(牡5歳、栗東・千田輝彦厩舎、父ワールドエース)。3走前に3勝クラスの戎橋Sを勝ってオープン入りしたが、レース後に「パドックで、今までで一番落ち着いていた」と千田調教師が目を丸くしていたのが印象に残っている。

 いつ走るか分からない…。それまではムラ馬の印象が強かったが、7月12日の1週前追い切り後に取材した千田調教師からは手応えが伝わった。「放牧でリフレッシュして、動きは良かった。前に牝馬がいて最後まで集中していたし、(コースでの)追い切り2本(で臨むの)が良さそう」と指摘。好走パターンをつかみつつある。前走は単勝93・1倍で大金星を挙げ、今回が重賞初挑戦。しかし、侮れない1頭だ。(玉木 宏征)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。