【札幌記念】ウインマリリンが追うごとに良化ムード 陣営「この馬らしいリズミカルな弾力のある走りができている」

ウインマリリン
ウインマリリン

◆第59回札幌記念・G2(8月20日、札幌競馬場・芝2000メートル)

 昨年の3着馬で、その後に香港ヴァーズを制したG1馬ウインマリリン(牝6歳、美浦・手塚貴久厩舎、父スクリーンヒーロー)が、追うごとに良化ムードを見せている。7月22日に札幌競馬場入厩して、先週末までにダートや芝コースで6本の追い切りを消化している。

 全休日明けの8月15日は、札幌競馬場の角馬場で運動後、ダートコースを約1周半して調整した。矢嶋技術調教師は「気持ちが乗ってきたし、体もできている。今週やって、どれだけ上積みできるかどうか。(ドバイ・シーマクラシック6着後は)休みを挟んで筋肉が落ちてしまっているところはあったが、滞在で乗り込んで戻ってきている。この馬らしいリズミカルな弾力のある走りができている」と、うなずいた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。