栗東は台風7号の影響で大雨もコース閉鎖などはなし 通常の時間で調教が行われる

台風が接近するなか調教が行われた栗東トレセン(カメラ・岩田 大補)
台風が接近するなか調教が行われた栗東トレセン(カメラ・岩田 大補)

 栗東トレセンは台風7号の影響で8月15日未明から大雨が降り続いた。午前5時の開門から徐々に風も強くなり、6時頃からは暴風となったが、閉鎖するコースなどもなく、通常通り9時まで開場していた。調教師も通常と変わらず、スタンドから双眼鏡やモニターで管理馬を見守った。坂路や逍遥馬道での倒木などの報告もなく、厩舎によっては早めに調教を切り上げて対応していた。

 坂路では北九州記念に出走する予定の馬を含めて600頭以上、CWコースでは100頭以上がキャンター調整。普段から火曜追いを行う吉田厩舎、高橋亮厩舎なども通常通りのメニューを消化した。北九州記念にボンボヤージ(牝6歳、栗東・梅田智之厩舎、父ロードカナロア)を出走させる梅田調教師は「明日(16日)追い切るかどうか、スタッフと相談しないと」と思案していた。

 あす16日も通常の開場時間で調教が行われる予定になっている。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。