【BCフィリー&メアターフ】ウインマリリン海外G1・2勝目へ単走で軽快 陣営「いい形でレースに向かえそう」

ダートコースで追い切られたウインマリリン(カメラ・高橋 由二)
ダートコースで追い切られたウインマリリン(カメラ・高橋 由二)

◆第25回ブリーダーズCフィリー&メアターフ・G1(11月4日、サンタアニタパーク競馬場・芝2000メートル、12頭立て)追い切り=11月1日

 昨年の香港ヴァーズ以来の海外G1・2勝目を狙うウインマリリン(牝6歳、美浦・手塚貴久厩舎、父スクリーンヒーロー)は、現地のダートコースを5ハロンから単走で追い切られた。オールカマー(9着)以来の実戦となるが、仕上がりは悪くない。騎乗した大村助手は「今日の調教では、しまいの脚を伸ばすことにフォーカスして乗りました。状態も問題なく、いい形でレースに向かえそうです」も好感触を伝えた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。