【エリザベス女王杯展望】ルメール騎手が騎乗予定のブレイディヴェーグが中心

エリザベス女王杯の出走予定馬。※騎手は想定
エリザベス女王杯の出走予定馬。※騎手は想定

 第48回エリザベス女王杯・G1が11月12日、京都の芝2200メートルで行われる。

 ローズS2着以来となるブレイディヴェーグ(牝3歳、美浦・宮田敬介厩舎)を主力視する。その前走は、1勝クラスを勝ったばかりの参戦ながら、上がりNO1の末脚で、ゴールではレコード勝ちのマスクトディーヴァに1馬身半差まで迫った。マスクトディーヴァは続く秋華賞でリバティアイランドをしのぐ上がり最速の2着。この馬の脚に高い評価を与えていいだろう。乗りに乗ってるルメール騎手、54キロなら、G1でもいきなり突き抜けていい。

 V2を目指すジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は今回、オールカマー6着からの参戦。やや瞬時の反応を欠くが、宝塚記念4着など、地力自体は落ちておらず、京都の下り坂をうまく使えば、今年も怖い。

 目黒記念3着のサリエラ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)はアルゼンチン共和国杯を制したゼッフィーロと馬体を併せて伸び、競り落とした。牝馬同士ならメンバー上位の豪脚が黙っていないだろう。

 モーリス×ヴィルシーナ配合のディヴィーナ(牝5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、前走の府中牝馬Sで重賞初制覇。完全に上昇曲線に入った今なら、互角の戦いが可能だ。

 オークス2着、秋華賞3着のハーパー(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)、昨年2着のライラック(牝4歳、美浦・相沢郁厩舎)、マーメイドS勝ち馬のビッグリボン(牝5歳、栗東・中内田充正厩舎)、ローズS、愛知杯1着のアートハウス(牝4歳、栗東・中内田充正厩舎)、七夕賞2着のククナ(牝5歳、美浦・栗田徹厩舎)、3勝クラスの大原Sを勝ったゴールドエクリプス(牝4歳、栗東・大久保龍志厩舎)、大阪杯5着のマリアエレーナ(牝5歳、栗東・吉田直弘厩舎)、府中牝馬Sで2着に追い込んだ切れ者ルージュエヴァイユ(牝4歳、美浦・黒岩陽一厩舎)の一発に警戒。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。