22年の宝塚記念などG1・3勝馬のタイトルホルダーは有馬記念でラストラン

タイトルホルダー
タイトルホルダー

 昨年の宝塚記念などG1・3勝を挙げて、前走のジャパンCで5着だったタイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が、次走に予定している有馬記念(12月24日、中山)をラストランに現役を引退することが12月6日、分かった。同馬を管理する栗田調教師が明かした。

 栗田調教師は「有馬記念が最後になります」と説明し、引退式の実施や日時についてはJRAと調整しているという。21年の菊花賞や昨年の天皇賞・春などを制した名ステイヤーで、昨年は凱旋門賞(11着)にも挑戦した活躍馬が、今年限りでターフに別れを告げる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。