【阪神JF】コラソンビートは単走で楽々好時計 加藤士調教師「すごくいい追い切りができた」

Wコースで追い切ったコラソンビート(カメラ・荒牧 徹)
Wコースで追い切ったコラソンビート(カメラ・荒牧 徹)

 ◆第75回阪神JF・G1(12月10日、阪神競馬場・芝1600メートル)追い切り=12月6日、美浦トレセン

 コラソンビート(牝2歳、美浦・加藤士津八厩舎、父スワーヴリチャード)は、Wコースを単走で5ハロン66秒4―11秒4。楽に好時計をマークし、状態の良さをうかがわせた。

 加藤士調教師は「先週3頭併せで負荷をかけたので、今週は精神的に追い込みすぎず、競馬に向けて疲れを残さない感じでしたが、すごくいい追い切りができたと思います」と納得の表情だった。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。