【阪神JF】良血サフィラは坂路54秒9―12秒3で上々の仕上がり 池添調教師「申し分ない」

坂路を単走で駆け上がったサフィラ
坂路を単走で駆け上がったサフィラ

 ◆阪神JF・G1(12月8日、阪神・芝1600メートル)追い切り=6日、栗東トレセン

 全兄に19年朝日杯FS覇者サリオスがいる良血馬のサフィラ(牝2歳、栗東・池添学厩舎、父ハーツクライ)が上々の仕上がりだ。最終追い切りは栗東・坂路で単走。重心のぶれないフォームで駆け上がり、しまいまでしっかり脚を伸ばして54秒9―12秒3でフィニッシュ。池添調教師は「先週しっかり時計を出していたので、いつでも動ける状態。申し分ないです」と胸を張った。

 前走のアルテミスSは2着。勝ったチェルヴィニアとはラストの瞬発力の差があったが、最後までしぶとく脚を使った。指揮官は「ここで結果を出せば、来年、再来年が楽しみです」と大きな期待をかけている。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。