調教師試験合格の秋山真一郎騎手「ホッとしたというか、うれしいというか、不思議な感じ」

調教師試験に合格し自分の名前を指差す秋山真一郎騎手(カメラ・岩田 大補)
調教師試験に合格し自分の名前を指差す秋山真一郎騎手(カメラ・岩田 大補)

 2024年度のJRA新規調教師免許試験の合格者が12月7日に発表され、9名が難関を突破した。現役ジョッキーの秋山真一郎騎手=栗東・フリー=らが合格した。

 秋山真騎手は1997年にデビューし、JRA通算1056勝(同日現在)。2012年NHKマイルC(カレンブラックヒル)、阪神JF(ローブティサージュ)のG1・2勝を含む重賞38勝を挙げている。騎手として同期デビューの武幸四郎調教師、村田一誠調教師に続く合格となった。

 同騎手は合格した率直な感想を「ホッとしたというか、うれしいというか、不思議な感じ」と述べ、受験のきっかけは「今までずっとジョッキーとして26、27年乗せてもらってきましたが、体のこともあるし少しずつ依頼の方も少なくなってきたので、そろそろ次のステップに行きたいと考えました」と説明した。

 2024年2月末での騎手引退も決定。調教師としての目標を聞かれると「まだ騎手としての仕事が残っているので、明確にコレというものはありませんが、師匠の野村先生(彰彦元調教師)と(元騎手の秋山忠一さん)父が所属していた小林稔先生(元調教師)は尊敬しています」と話した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。