重賞ウィナーのイズジョーノキセキとウインマイティーが引退 今後は繁殖入りする予定

イズジョーノキセキ
イズジョーノキセキ

 2022年の府中牝馬Sを制したイズジョーノキセキ(牝6歳、栗東・中村直也厩舎、父エピファネイア)と2022年のマーメイドSを制したウインマイティー(牝6歳、栗東・西園正都厩舎、父ゴールドシップ)が12月8日付で、競走馬登録を抹消された。

 イズジョーノキセキは北海道・新ひだか町の沖田哲夫さんのもとで、ウインマイティーは北海道・新冠町のコスモヴューファームで繁殖馬となる予定。

 イズジョーノキセキは重賞1勝を含む通算30戦5勝で総獲得賞金は2億3710万7000円。ウインマイティーは重賞1勝を含む通算23戦4勝で総獲得賞金は1億4517万円。ともに12月2日のチャレンジC(イズジョーノキセキ3着、ウインマイティー9着)がラストランとなった。

ウインマイティー
ウインマイティー

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。