【東京5R・3歳未勝利】良血バロネッサ3戦目で初V ルメール騎手「ちょうどいい競馬」…半兄はホープフルS制覇

初勝利を飾ったバロネッサ(カメラ・荒牧 徹)
初勝利を飾ったバロネッサ(カメラ・荒牧 徹)

 2月11日の東京5R・3歳未勝利(芝1800メートル=16頭立て)は、単勝1・9倍で1番人気のバロネッサ(牝3歳、美浦・田中博康厩舎、父ロードカナロア)が、デビュー3戦目で待望の初勝利を挙げた。2016年の菊花賞、有馬記念を制したサトノダイヤモンドが伯父おり、半兄ドゥラエレーデは2022年のホープフルSの覇者という良血馬。勝ち時計は1分46秒2(良)。

 バロネッサは好スタートを決め、内からハナを主張したマグナレガリアを見る形で道中は2番手をキープ。直線では楽な手応えで先頭に立つと、そのまま後続を寄せつけずに押し切った。

 初コンビのクリストフ・ルメール騎手は「2番手で、ちょうどいい競馬ができた。長く脚を使ってくれて能力はあります。2000メートルまでは大丈夫」と振り返った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。