【サウジC】クラウンプライドが国内最終追い切り 新谷調教師「メンバーは強くなるが、どうにかしたい」

クラウンプライド
クラウンプライド

◆サウジC・G1(2月24日、キングアブドゥルアジーズ競馬場・ダート1800メートル)追い切り=2月12日、栗東トレセン

 昨年12月のチャンピオンズC・G1で3番人気に推され、11着に敗れたクラウンプライド(牡5歳、栗東・新谷功一厩舎、父リーチザクラウン)は、昨年5着に敗れたサウジCへ向けてCWコースで2頭併せ。サウジCと同日のリヤドダートスプリント・G3(2月24日、キングアブドゥルアジーズ競馬場・ダート1200メートル)に出走する僚馬リメイク(牡5歳、父ラニ)に先行する形でスタートし、53秒4(5ハロン70秒0)―11秒4で駆けた。

 見届けた新谷調教師は「前走時の追い切りがテンから行きすぎたので、今回は遊びというかメリハリをつくるテーマで調整してきました。去年のサウジCも良かったけど、チャンピオンズCより雰囲気がいいですね」と目を細める。

 その前走はプラス15キロだったが、「今520キロぐらい。今回は少し絞っていきます。現地ではサッと流す感じでいいでしょう。モレイラもポジションをとりに行くと思うし、メンバーは強くなるけどどうにかしたい」と力を込める。14日に出国し、大仕事をするつもりだ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。