【松岡正海騎手インタビュー②プライベート・人生観編】「騎手は天職」バンドマンとしても活動、ネットもザワついた箱根駅伝給水の真相も【馬トクYouTube】

 【松岡正海騎手インタビュー】

 ウイングレイテスト(牡7・畠山吉宏厩舎)とのコンビで2月24日のサウジCデーに行われる1351ターフスプリント(キングアブドゥルアジーズ競馬場、芝1351メートル)に出走を予定している松岡正海騎手。そのレースを前に、今の心境を松末記者が聞きました。

 海外挑戦は馬にとっては初、ジョッキー自身は20年12月の香港C(ウインブライト2着、19年は勝利)以来です。デビューから33戦中23戦をともに戦ってきた名コンビ。ジョッキーは「重賞を取れる馬」とその素質を高く買ってきましたが、昨年11月のスワンSで6歳にして初めて重賞を制覇と、有言実行でこのレースにつなげました。取材時は、ここで結果を出せば次はドバイと話していましたが、登録していたアルクオーツスプリント・G1(3月30日、メイダン競馬場、芝1200メートル)の招待が届き、受諾したことを発表。レースへの意気込み、自身の今や趣味についても語ってもらいました。ぜひ、ご覧ください。

松岡正海騎手インタビュー
松岡正海騎手インタビュー

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。