【中山記念】イルーシヴパンサーが活気ある雰囲気で登坂 陣営「いいパフォーマンスを見せられる」

イルーシヴパンサー
イルーシヴパンサー

 ◆第98回中山記念・G2(2月25日、中山競馬場・芝1800メートル=1着馬に大阪杯優先出走権)

 昨年の京都金杯など重賞2勝を挙げ、前走のマイルCS(6着)以来となるイルーシヴパンサー(牡6歳、美浦・久保田貴士厩舎、父ハーツクライ)は2月23日、朝一番に美浦・坂路をゆったりと駆け上がり、活気ある雰囲気をみせた。池内助手は「雰囲気はいいですし、レースに行っていいパフォーマンスを見せられると思います」と、好感触を口にした。

 好メンバーだった前走は、4角13番手の大外から最後まで脚を使って0秒3差まで迫り、評価できる内容だった。同助手は「前走もG1でずっと外を回らされ続けて、それほど負けていない。力はあります。1800メートルも全然問題ない」ときっぱり。8着に終わった昨年のこのレースはゴール前で前が詰まって不完全燃焼だったが、巻き返しは十分だ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。