川島信二騎手はJRAラスト騎乗9着に「悔しいですね」 27日の名古屋競馬に参戦予定

引退レースを終えて騎手仲間に胴上げされる川島信二騎手(カメラ・岩田 大補)
引退レースを終えて騎手仲間に胴上げされる川島信二騎手(カメラ・岩田 大補)

 今月限りで引退する川島信二騎手=栗東・フリー=が、2月25日の阪神8R・4歳上2勝クラス(ダート1800メートル=10頭立て)のピジョンブラッド(牝5歳、栗東・荒川義之厩舎、父パイロ)でJRAラスト騎乗に挑むも、9着に終わった。

 「悔しいですね。勝てるチャンスのある馬だと思って騎乗しましたが、流れが向かなかった」と唇をかんだ。レース後には花束贈呈式が行われ、師匠の安藤正敏元調教師も来場。「川島はうまい」と、いつも褒めてくれたという師匠と握手も交わした。

ピジョンブラッドに騎乗した引退レースを9着で終えた川島信二騎手(カメラ・岩田 大補)
ピジョンブラッドに騎乗した引退レースを9着で終えた川島信二騎手(カメラ・岩田 大補)

 3月1日付で栗東・庄野靖志厩舎で調教助手となる。JRAではこの日が最後だったが、27日に名古屋で行われる地方交流競走に騎乗予定。自身とコンビを組んで19年の関屋記念で2着など、重賞でも活躍したミエノサクシードの息子ミエノソニック(牡3歳、栗東・高橋亮厩舎、父サトノクラウン)で臨む。「思い入れのあるミエノサクシードの子供でのレースがある。幸せですね」。白星で花道を飾りたいところだ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。