【中山牝馬S】フィールシンパシーが逆襲へ 小島調教師「馬がやる気になっているみたい」

フィールシンパシー
フィールシンパシー

◆第42回中山牝馬S・G3(3月9日、中山競馬場・芝1800メートル)

 1600~1800メートルで全4勝を挙げるフィールシンパシー(牝5歳、美浦・小島茂之厩舎、父ベーカバド)が、待望の重賞制覇に挑む。好位から運んだ前走のニューイヤーSは9着。小島調教師は「調子は悪くなかったみたいだが、男馬相手だったし、このクラスにはいったら甘くはなかった」と振り返る。

 昇級初戦だった2走前のターコイズSは果敢にハナを奪うと、最後の直線でも踏ん張り通し2着と力を示した。今回はその時と同様牝馬同士の一戦。「以前より馬がやる気になっているみたい。1800メートルも乗り方ひとつですね」と好走へ期待を込める。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。