【報知杯FR】重賞初挑戦のオメガウインク 大和田調教師「スピードを生かして押し切る形がいい」

オメガウインク
オメガウインク

◆第58回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月10日、阪神・芝1400メートル=3着馬まで桜花賞の優先出走権)=美浦トレセン

 オメガウインク(牝3歳、美浦・大和田成厩舎、父ロジャーバローズ)は前走で1勝クラスを勝ち、オープン入りしての重賞挑戦。2月29日の美浦・Wコースでの1週前追い切りではラスト1ハロン11秒3(5ハロン70秒7を馬なりでマーク。状態の良さをうかがわせた。

 大和田調教師は「最後の反応もよくて、いい1週前追い切りだったと思います。1400~1600メートルまでは守備範囲。スピードを生かして押し切る形がいいと思います」とレースをイメージしていた。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。