【金鯱賞】中京得意のヤマニンサルバムが3連勝へ 中村調教師「走り慣れた条件でうまく流れが向けば」

ヤマニンサルバム
ヤマニンサルバム

◆第60回金鯱賞・G2(3月10日、中京・芝2000メートル、1着馬に大阪杯優先出走権)=栗東トレセン

 昨年の中日新聞杯に続く重賞連勝を狙うヤマニンサルバム(牡5歳、栗東・中村直也厩舎、父イスラボニータ)は、29日にCWコースで6ハロン82秒7―11秒4と1週前追い切りを消化した。中村調教師は「3頭の一番後ろから脚を伸ばしてほしいと言う指示でした。時計的にも問題なく動けていた。気持ち体に余裕があるかなと思いますが、これで良くなってくると思います」とうなずいた。

 昨年の夏は函館記念11着、札幌記念10着と結果が出なかったが、左回りのオクトーバーS、中日新聞杯と連勝中。しかも中京コースはこれまで5勝と相性は抜群。「走り慣れた条件でうまく流れが向いてくれれば」と指揮官。今回もいい競馬になりそうだ。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。