【金鯱賞】ヨーホーレイクは超久々がカギに 友道調教師「2年ぶりで実戦勘がどうかでしょう」

ヨーホーレイク
ヨーホーレイク

◆第60回金鯱賞・G2(3月10日、中京・芝2000メートル、1着馬に大阪杯の優先出走権)=栗東トレセン

 22年の日経新春杯を勝ってから、屈腱炎で長期の休養明けでのレースになるヨーホーレイク(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)。3日は坂路で56秒5―12秒2をマークした。友道調教師は「屈腱炎明けですが、せかさずじっくりやってきました。太め感はあるけど、動きはいい」と一定の評価はしている。

 ただ、今回はさすがにブランクが長く、実戦でどこまで動けるかがポイントになる。トレーナーは「(休養明けで)日経新春杯を勝っているようにブランク明けでも動けるが、大型馬の2年ぶりで実戦勘がどうかでしょう」と地力に期待した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。