【報知杯FR】実績最上位のコラソンビート 陣営「適応力を上げているところです」

コラソンビート
コラソンビート

◆第58回報知杯フィリーズレビュー・G2(3月10日、阪神・芝1400メートル、1~3着馬に桜花賞・G1の優先出走権)3月5日=栗東トレセン

 京王杯2歳Sの勝ち馬コラソンビート(牝3歳、美浦・加藤士津八厩舎、父スワーヴリチャード)は栗東に滞在して調整中。今朝は坂路をゆっくりと上がって、明日の追い切りに備えた。1頭でも落ち着いていて、好感が持てる。「今朝も順調にきていると感じました。美浦とは違う環境、違う負荷がかかる中で、適応力を上げているところです」と伊藤助手はうなずいた。

 前走の阪神JFでは外目から動いていき、見せ場十分の3着だった。「前走は勝ちに行って負けてしまったけど、すごくいい内容で、馬も頑張ってくれた。強い競馬をしてくれました」と同助手は振り返った。いい形で桜花賞へ向かうためにも、トライアルで好結果を期待したい。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。