【香港ヴァーズ血統分析】出走機会4回連続で連対中のサンデーサイレンス系種牡馬の産駒に注目

グローリーヴェイズ(カメラ・高橋 由二)
グローリーヴェイズ(カメラ・高橋 由二)

 小欄ではG1香港ヴァーズについて血統面から検討したい。過去5年を振り返ると、ガリレオ系種牡馬の産駒が3勝、サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が2勝。特に後者は2018年2着リスグラシュー(父ハーツクライ)、2019年1着グローリーヴェイズ(父ディープインパクト)、同2着ラッキーライラック(父オルフェーヴル)、昨年1着グローリーヴェイズと、出走機会4回連続で連対している。

 このレース3勝目を狙うグローリーヴェイズは7歳。年齢的な衰えが気になるところだが、そんな不安を払拭するのが母方に入るノーザンテーストだ。祖母の父メジロライアンの父の父にあたる。

ディープインパクト
鹿毛 2002
サンデーサイレンス系

サンデーサイレンス
青鹿毛 1986
Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア
鹿毛 1991
Alzao
Burghclere
メジロツボネ
芦毛 2008
ミスタープロスペクター系
スウェプトオーヴァーボード
芦毛 1997
エンドスウィープ
Sheer Ice
メジロルバート
鹿毛 2003
メジロライアン
メジロラモーヌ

グローリーヴェイズ血統表

 当時7歳かつ引退レースだった2001年の香港ヴァーズで、劇的なG1初制覇を決めたのがステイゴールド(父サンデーサイレンス)。同馬は祖母の父にノーザンテーストを持っていた。

 前記ラッキーライラック、G1香港カップを制したウインブライトとモーリスは父方を介して、G1クイーンエリザベス2世C優勝のルーラーシップも祖母の父に名種牡馬の血を内包。当地に強いノーザンテーストのアシストがあるだろう。それはモーリスを送るスクリーンヒーローの産駒ウインマリリンにも通じるところだ。

 ストーンエイジは、父が2015・2017年ハイランドリール、2020年モーグルと当レース覇者を送るガリレオ。先輩2頭の母の父はともにダンチヒ系デインヒルだったが、本馬は同系アナバーという血統構成で、G1愛ダービーとG1英セントレジャーに勝ったカプリと同じだ。おばにはG1仏オークス馬ブライトスカイがいる。

Galileo
鹿毛 1998
サドラーズウェルズ系

Sadler's Wells
鹿毛 1981
Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea
栗毛 1989
Miswaki
Allegretta
Bonanza Creek
鹿毛 2010
ダンチヒ系
Anabaa
鹿毛 1992
Danzig
Balbonella
Bright Moon
鹿毛 1990
Alysheba
Bonshamile

ストーンエイジ血統表

 ブルームは、父がガリレオ後継の英・愛ダービー馬オーストラリア。ここでは父の母も光る。ウィジャボードは2004年と2006年の欧州年度代表馬で、英・愛オークスやG1プリンスオブウェールズSなどG1・7勝を挙げた名牝。2005年の香港ヴァーズでは日本のシックスセンスに2馬身あまりの差をつけて快勝している。残念ながら先月21歳でこの世を去ったが、ブルームにとっては強力な援軍となるだろう。

Australia
鹿毛 2011
サドラーズウェルズ系

Galileo
鹿毛 1998
Sadler's Wells
Urban Sea
Ouija Board
黒鹿毛 2001
Cape Cross
Selection Board
Sweepstake
鹿毛 2005
ノーザンダンサー系
Acclamation
鹿毛 1999
Royal Applause
Princess Athena
Dust Flicker
栗毛 1999
Suave Dancer
Galaxie Dust

ブルーム血統表

 ◆成田幸穂(なりた・さちほ) 1984年8月8日、東京生まれ。(株)サラブレッド血統センター所属。週刊競馬ブック連載「海外競馬ニュース」の編集を担当。同誌のほか、研究ニュースで予想コラム「血統アカデミー」を執筆中。12月11日(日)ラジオNIKKEI第1「香港国際競走実況中継」に出演予定。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。