【POG】ラビットランの初子、バニーホップは函館で調整中 陣営「前進気勢があって初戦向き」

馬房でリラックスするバニーホップ( カメラ・玉木宏征)
馬房でリラックスするバニーホップ( カメラ・玉木宏征)

 母は17年のローズS、18年のブリーダーズGCと芝、ダートで重賞を勝ったラビットラン。その初子、バニーホップ(牝2歳、栗東・辻野泰之厩舎、父イスラボニータ)は、8月12日の札幌芝1500メートルに向けて函館競馬場で調整している。

 8月2日の1週前追い切りは、芝コースでポルラノーチェ(新馬)と併せて66秒7―12秒9で同入した。武地助手は「いいリズムで走れていました。前進気勢があるのがいいし、きょう(4日)のゲート練習もソコソコ速かったので、初戦向きだと思います。背中はいいし、競馬では410キロぐらいになると思いますが、体の割にストライドが伸びて芝向きだと思います」と期待している。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。