【オールカマー展望】競走中止となった天皇賞・春以来のタイトルホルダーが中心

オールカマーの登録馬。※騎手は想定
オールカマーの登録馬。※騎手は想定

 第69回オールカマー・G2が9月24日、中山の芝2200メートルで行われる。

 競走中止となった天皇賞・春以来のタイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎)はここが再起戦。1週前追い切りでは美浦のウッドチップで5ハロン65秒9―11秒3で先着し、栗田調教師は「動きは問題なく、先週よりも良かった。前向きな気持ちが出ていました」と順調度を強調した。始動戦をクリアし、飛躍の秋へとつなげたい一戦だ。

 昨年のエリザベス女王杯の勝ち馬で、このレースV2を目指すジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)。1週前は団野騎手の手綱でウッドチップ単走6ハロン85秒2―11秒4。大阪杯、クイーンエリザベス2世C(香港)はともに6着も、宝塚記念は4着と復調を示した。斉藤崇史師も「前走後は不安なく来ています」と好感触を伝えているだけに、期待は高まる。

 前走の函館記念を勝ち勢いNO1のローシャムパーク(牡4歳、美浦・田中博康厩舎)、同条件のセントライト記念を勝っているガイアフォース(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、小倉記念の勝ちっぷりが良かったエヒト(牡6歳、栗東・森秀行厩舎)、一昨年の勝ち馬ウインマリリン(牝6歳、美浦・手塚貴久厩舎)も衰えなく、勝機十分。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。