【秋華賞・松末の特注馬】紫苑Sで先行策から2着のヒップホップソウル 京都の内回りでアッと言わせるかも

内回りは歓迎のヒップホップソウル
内回りは歓迎のヒップホップソウル

◆第28回秋華賞・G1(10月15日、京都競馬場、芝2000メートル)

 前走の紫苑Sで2着に入ったヒップホップソウル(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎、父キタサンブラック)に注目したい。

 その前走は差し馬が台頭する流れを、いつもより前めの4番手から粘り込んだ。この走りは本番に大きく望みをつなぐもの。強烈な末脚を駆使する2冠馬リバティアイランドと同じ脚質では分が悪いが、京都の内回り2000メートルで、前で立ち回ることができれば、アッと言わせるシーンがあるかもしれない。

 1週前追い切りは美浦・WコースでクイーンC勝ちの実績があるプレサージュリフト(4歳オープン)と併せ、5ハロン68秒2―11秒3で併入。今は出来もいい。好勝負が期待できる。(松末 守司)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。