21年の阪神JFを制したG1馬サークルオブライフが現役引退

昨年の紫苑S4着がラストランとなったサークルオブライフ
昨年の紫苑S4着がラストランとなったサークルオブライフ

 21年にアルテミスS、阪神JFの重賞2勝を挙げたG1馬サークルオブライフ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎、父エピファネイア)が、現役引退することが10月12日、明らかになった。今後は米国でのけい養も選択肢に、繁殖牝馬となる予定だ。

 21年8月にデビュー。新馬戦こそ3着に敗れたが、2戦目の未勝利戦からアルテミスS、阪神JFと見事に3連勝を飾ってG1馬となった。持ち前の鋭い決め手が大きな武器だったが、昨年の紫苑S(4着)で右前浅屈腱炎を発症。長期休養からの復帰を目指していたが、故障のリスクなどを考慮して引退の決断に至った。

 生産者である千代田牧場の代表で、同馬の馬主でもある飯田正剛氏は「1年間我慢しましたが、脚元のことでもしものことがあってはならない。無理はさせられないので、引退を決めました。サンデーサイレンスのクロスが入っていますので、海外でけい養することも考えています。本当に強い馬でしたので、母としても大変期待しています」と語った。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。