【天皇賞秋展望】宝塚記念優勝以来のイクイノックスが始動…G1レース5連勝へ死角は見当たらない

天皇賞・秋の出走予定馬。※騎手は想定
天皇賞・秋の出走予定馬。※騎手は想定

 第168回天皇賞・秋・G1が10月29日、東京競馬場の芝2000メートルで行われる。

 宝塚記念優勝以来の昨年の覇者イクイノックス(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)が始動する。現在、国内外のG1レースを4連勝中。1週前追い切りでは美浦のウッドチップで僚馬を追走し、6ハロン78秒9―11秒8で1馬身先着。ルメール騎手は「メンタルがすごくいい。体は宝塚記念の前よりいいと思います。またパンプアップしました」と絶賛。G1レース5連勝へ、死角は見当たらない。

 ドバイ・ターフ出走取消後は休養に入り、9月8日に帰厩したドウデュース(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)。ここまでじっくりと乗り込まれ確実な上昇気配を示す。王者イクイノックスとは、日本ダービー以来の再戦だが、先着している事実は重い。1週前の栗東ウッドチップでも6ハロン81秒1―11秒2で最先着し、武豊騎手は好感触を伝えた。東京2000メートルでの対決は願ってもない舞台で期待感大。

 前走の札幌記念で早め先頭から押し切り、進化の跡を見せたプログノーシス(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)。金鯱賞優勝があるように、左回り2000メートルはベスト条件だけに、ここでどこまで頑張れるか。

 天皇賞・春の勝ち馬ジャスティンパレス(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)、ドバイ・ターフ2着のダノンベルーガ(牡4歳、美浦・堀宣行厩舎)、不完全燃焼の結果が続くスターズオンアース(牝4歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)は、この条件で激変があっても。昨年4着ジャックドール(牡5歳、栗東・藤岡健一厩舎)、安田記念4着ガイアフォース(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)もエントリー。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。