【エリザベス女王杯・松末の特注馬】初コースでも京都・外回りでライラックの持続力生きる

前走の府中牝馬Sで3着と立て直したライラック
前走の府中牝馬Sで3着と立て直したライラック

◆第48回エリザベス女王杯・G1(11月12日、京都競馬場・芝2200メートル)

 今春の3戦は牡馬との対戦で結果が出なかったライラック(牝4歳、美浦・相沢郁厩舎、父オルフェーヴル)だが、秋初戦だった前走の府中牝馬Sは0秒1差の3着。牝馬同士なら力量上位の存在であることを改めて証明した。

 さらに今回は京都・外回りの2200メートルが舞台。3コーナー途中からの下り坂で加速したまま直線に入るため、どこまでトップスピードを維持できるかの勝負になるが、長くいい脚を使うこの馬にとっては最も特長を生かせるコースとみる。牝馬同士で、今年は例年にも増して混戦模様。昨年の2着に匹敵する好走があっても驚けない。(松末 守司)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。