【エリザベス女王杯】4戦全て上がり最速!ブレイディヴェーグの末脚届く…大上賢一郎の見解

大上記者が本命に推すブレイディヴェーグ(カメラ・高橋 由二)
大上記者が本命に推すブレイディヴェーグ(カメラ・高橋 由二)

 【京都11R・エリザベス女王杯】過去10年で3着以内に入った30頭のうち、府中牝馬Sからの転戦が12頭。阪神開催の近3年を除くと、占有率は21頭中9頭とさらに上がる。この前哨戦が行われる東京・芝1800メートルと、今回の京都・芝2200メートル。共通点は非根幹距離(400メートルで割り切れない距離)ぐらいのように思えるが、ともにスタートから1コーナーまでに十分な距離があり、隊列が早めに決まると、ペースは落ち着く。

※こちらの記事をご覧になるには会員登録が必要です。

ユーザー登録がお済の方

ログイン画面へ

ユーザー登録がまだの方

馬トク会員(無料)限定予想データを公開中!
登録無料の馬トク会員になると、無料開放レースの全データが閲覧可能です。
まずは馬トク会員になって奥深いデータ競馬を体感しよう!

馬トク会員(無料)登録へ

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。