【香港国際競走】池江泰寿調教師ソウルラッシュ&ゼッフィーロで「海外G1初制覇」

アルゼンチン共和国杯で初タイトルを手にしたゼッフィーロ
アルゼンチン共和国杯で初タイトルを手にしたゼッフィーロ
ソウルラッシュはマイルCSからの転戦
ソウルラッシュはマイルCSからの転戦
池江泰寿調教師
池江泰寿調教師

◆香港国際競走・G1(12月10日、シャティン競馬場)

 JRA海外馬券発売レースの香港国際競走は10日、シャティン競馬場で開催される。現役最多のG1・22勝を誇る池江泰寿調教師(54)は海外G1初制覇に挑む。

 名門の名を確固たるものにする。香港マイルにソウルラッシュ、ヴァーズにゼッフィーロを送り出す池江厩舎は現役最多のJRA・G1・22勝を誇るが、意外にも海外G1は未勝利だ。12、13年は3冠馬オルフェーヴルで凱旋門賞に挑んだが、2年連続で無念の2着。池江調教師は「やっぱり未勝利なんでね。今掲げている次の目標が海外G1制覇」と野心を隠さない。

 04年の開業以来、海外G1には延べ26頭を出走させてきた。国内戦との違いについて、「検疫もありますし、馬のコンディション維持も、トレセンで普段調整している時とは違う難しさがあります」と指摘。何度も挑んできたからこそ、壁の高さを実感している。

 ソウルラッシュにとっても、シャティン競馬場での調整がポイントだ。大型馬だが、現地には坂路やウッドチップコースがないため負荷がかけづらい。ただ、調教の動きがひと息だった春と比べると、この秋は復調。前走のマイルCSも2着と実力を示した。G19勝のゴールデンシックスティなど現地勢も強敵がそろうが、「十分好勝負できる」と意気込む。

 ゼッフィーロは前走のアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇。年齢を重ねるごとに背腰の甘さが解消され、末脚に磨きがかかっている。「前走の勝ち方を見ても、G1に駒を進めても十分チャンスがあるな、という手応えを感じました」。環境への適応に時間がかかるタイプだが、国内外を通じて初のG1でも、堂々と挑めるだけの素質がある。

 香港国際競走への出走は過去に延べ9頭。14年マイル(ワールドエース)、16年カップ(ラブリーデイ)の4着が最高だ。充実一途の2頭と海を渡り、今年こそ、新たな勲章をつかむ。(水納 愛美)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。