【注目馬動向】タイトルホルダーがラストランの有馬記念当日に引退式 栗田調教師「いい門出にしてあげたい」

引退式が予定されているタイトルホルダー
引退式が予定されているタイトルホルダー

 有馬記念・G1(12月24日、中山)がラストランとなるタイトルホルダー(牡5歳、美浦・栗田徹厩舎、父ドゥラメンテ)が有馬記念当日に引退式を予定していることが12月7日、わかった。

 栗田徹調教師が明らかにしたもので「本当にいろいろあった馬です。アクシデントもあったけど、はい上がって結果に結びつけるキャラが濃い馬でした。寂しいという声も聞きますが、競馬で成功していないと次のステップには行けないし、いい門出にしてあげたい」と説明。21年菊花賞、22年天皇賞・春、宝塚記念に続く4つめのG1タイトルに向けて調整を進めていく。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。