【香港マイル】最強馬・ゴールデンシックスティはまさかの大外枠 陣営「難しいレースになるだろう」枠順確定

ゴールデンシックスティ
ゴールデンシックスティ

◆第33回香港マイル・G1(12月10日、シャティン競馬場・芝1600メートル)

 会場はどよめきに包まれた。12月7日に行われた枠順抽選会。2020年、2021年に連覇し、昨年も2着のゴールデンシックスティ(セン8歳、フランシス・ルイ厩舎)が手にしたのは、大外14番枠だった。通算獲得賞金25億7000万円の香港最強マイラーは、既に本レース含め3戦での引退を表明しており、キャリア終盤で大きな壁にぶつかることとなった。

 ルイ調教師は「もちろん理想的なドローではないし、(鞍上の)ヴィンセント(ホー)にとっては難しい状況だ」と厳しい表情。「中盤でカバーするのがベストだ。このメンバーならカリフォルニアスパングルが先頭に立つと思うし、彼はペースを落とすだろう。おそらくスローペースで難しいレースになると思う」とトレーナーは昨年、差し切れなかった逃げ馬の走りを警戒した。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。