【フェブラリーS・山下の特注馬】ウィルソンテソーロは東京ダートマイルでこそ オーナー悲願の中央G1制覇へ

ウィルソンテソーロ
ウィルソンテソーロ

◆フェブラリーS・G1(2月18日、東京・ダート1600メートル)

 サウジカップが日程的に近いこともあり、メンバー的にも混戦模様にさらに拍車がかかった印象の今年のフェブラリーS。ここはウィルソンテソーロ(牡5歳、美浦・小手川準厩舎、父キタサンブラック)にとってはビッグタイトル獲得の大きなチャンス。チャンピオンズCでレモンポップ(昨年の最優秀ダートホース)、続く東京大賞典ではウシュバテソーロ(昨年のドバイ・ワールドC勝ち)を相手に連続2着とハイレベルな戦いで好戦している。

 今回は芝スタートの東京・ダート1600メートル。この舞台で好走するイメージが沸かないかもしれないが、実は過去2戦して2勝と適性は高い。機動力が問われる小回りの名古屋・ダート1500メートル(昨年のかきつばた記念)ではドライスタウトを負かしており、スピードも兼備している。少なくともマイルの流れでも追走に苦しむことはないはずだ。

 馬主の了徳寺健二ホールディングス(株)は海外、地方交流G1は勝っているが、まだ中央のG1タイトルは獲得していない。所有するリョーケンファーム生産のウィルソンテソーロで勝つことができれば、オーナーの喜びもひとしおだろう。(山下 優)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。