【フェブラリーステークス展望】昨年のチャンピオンズC、東京大賞典で2着と好走したウィルソンテソーロが中心

フェブラリーステークスの出走予定馬。※騎手は想定
フェブラリーステークスの出走予定馬。※騎手は想定

 第41回フェブラリーステークス・G1が18日、東京・ダート1600メートルで行われる。

 昨年のチャンピオンズC、東京大賞典で2着と連続好走したウィルソンテソーロ(牡5歳、美浦・小手川準厩舎)が主力。勝ち馬のレモンポップ、ウシュバテソーロはサウジCに向かい不在だけに、ここは勝っておきたい一戦だ。美浦・Wコースでの1週前追い切りでは、5ハロン73秒7―12秒6を馬なりでマークし、併入した。順調な調整を積めており、松山弘平騎手との新コンビで念願のG1制覇へ。

 チャンピオンズC3着、東京大賞典3着のドゥラエレーデ(牡4歳、栗東・池添学厩舎)は、ダートでの安定感が光る。ムルザバエフ騎手とのコンビ続行も頼もしい要素だ。

 レパードS2着、東海S2着のオメガギネス(牡4歳、美浦・大和田成厩舎)は、伸びしろがあり、まだ底を見せていないだけに、ここでも互角以上の評価が妥当。

 南部杯2着、JBCスプリント優勝のイグナイター(牡6歳、兵庫・新子雅司厩舎)、南関東3冠ミックファイア(牡4歳、大井・渡辺和雄厩舎)の地方勢も地力は引けを取らない。

 昨年2着のレッドルゼル(牡8歳、栗東・安田隆行厩舎)、安田記念4着、天皇賞・秋5着のガイアフォース(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)は初ダートも、スピードとパワーは通用。

 JBCクラシック勝ち馬のキングズソード(牡5歳、栗東・寺島良厩舎)、NHKマイルCを制したシャンパンカラー(牡4歳、美浦・田中剛厩舎)、東京巧者のタガノビューティー(牡7歳、栗東・西園正都厩舎)、東京盃1着、巨漢のドンフランキー(牡5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)にも勝機があっていい。(大上 賢一郎)

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。