【注目馬動向】武豊騎手の進言でソーダズリングが高松宮記念へ 京都牝馬Sからの重賞連勝狙う

ソーダズリング
ソーダズリング

 京都牝馬Sで重賞初制覇を飾ったソーダズリング(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎、父ハーツクライ)が高松宮記念・G1(3月24日、中京競馬場・芝1200メートル)を視野に調整される。馬主である社台サラブレッドクラブが3月4日、ホームーページで明かした。前走の手綱をとった武豊騎手の進言もあっての参戦で、早ければ今週中の帰厩を予定しているという。

 同馬は兄姉にソーヴァリアント、マジックキャッスルと2頭の重賞ホースを持つ血統馬。前走は初の7ハロン戦で重賞初勝利を挙げ、今回も初の6ハロン戦でビッグタイトルを目指すことになる。

最新記事

さらに表示
ニュース検索
馬トク SNSアカウント
  • X (旧Twitter)
  • facebookページ
  • Instagram
  • LINE公式アカウント
  • Youtubeチャンネル

WindowsPCでInternet Explorer(IE)をご使用中のユーザー様へのお知らせ

お客様が安心して馬トクをご利用頂くため、セキュリティー強化の観点により2019年10月31日でInternet Explorer(IE)での動作サポートを終了致します。
今後は、Google Chrome、Microsoft Edgeでの使用をお願い致します。